アンディ・ウォーホル【Warhol: A is for Archive】

アンディ・ウォーホル (Andy Warhol 1928年 - 1987年)アメリカ合衆国・ペンシルベニア州出身。同国を代表する現代芸術家、映画監督、プロデューサーであり、1960年代初頭に芸術運動ポップアートの第一人者であり世界で最も知られるアーティストの一人である。
ピッツバーグで生まれ育ち、商業イラストレーターとして成功を収める。1950年代後半に行くつかのギャラリーで展覧会に参加したのち、影響力ある芸術家として認めらるようになる。1960年には、有名な『ドル札』『マリリン』『キャンベルスープ』を製作し、大衆を意識し、徹底して「記号」が与える表層的なアメリカ社会を表現する。デザイン的な表現は、マスへのアプローチ方法としてイメージの記号化として有効な手段の一つであった。絵画や版画のみならず、映画や音楽の分野での活動も、活発に行なった。ニューヨークのスタジオ、ザ・ファクトリーには、著名な知識人、ドラッグクイーン、劇作家、ボヘミアンストリートの人々、ハリウッドスター、裕福な常連客が集まる有名な集いの場として機能していた。また、実験的なロックバンドThe Velvet Undergroundをプロヂュースし、Interview Magazineを設立した。また、いくつかの著書も刊行している。故郷ピッツバーグには、アンディ・ウォーホル美術館があり、膨大なコレクションを所蔵している。

ここで初めて公開されるウォーホルの貴重な個人コレクションを掘り下げ、彼が本当にユニークであったことを発見する一冊。

20世紀の象徴であり、ポップアート運動の第一人者であるアンディ・ウォーホル。彼はまた、大小の普通で風変わりなオブジェの執拗なコレクターでした。 1994年以来、アンディ・ウォーホル美術館は、これら何百・何千に及ぶオブジェクトのアーカイブを研究し保護してきました。
本書は、これらのアイテムの多くについて、研究と共にまとめられた初めての書籍になります。ウォーホルと彼の奇妙な世界の無数のファン、そしてこれまでアーティストを理解したことがない人にとっても、この本の内容は不可欠で忘れられないものです。
アンディ・ウォーホル美術館の元主任保管係であり、ウォーホルの個人コレクションの第一人者であるMatt Wrbicanによって書かれた本書は、コレクションから厳選されたオブジェを特集し、アーティストの作品と動機、そして彼の個性と私生活に光を当てています。
内容はアルファベット順に編成されており、ウォーホル自身の気まぐれなアルファベット構造の使用を尊重しています。
「A → サイン(Autograph)」(彼の最も人気のある作品に影響を与えた多くの署名されたオブジェクトのセレクション)
「F → ファッション(Fashion)」(カウボーイブーツ、ネクタイ、ジャケットのコレクションをフィーチャー)
「S → スタンプ(Stamp)」(ウォーホルらによる切手や郵送物に関する芸術作品)
「Z → ゾンビ(Zombie)」(ドラッグ、ロボット、ゾンビ、ピエロなど、さまざまな変装をしたウォーホルの写真とエフェメラのグループ)

また、有名な美術評論家でウォーホルのカタログ・レゾネの編集も手がけた伝記作家、Blake Gopnikによる洞察に満ちたエッセイを特集しています。


出版社:  Yale University Press
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 320ページ
図版:   420点
サイズ:  28 x 26 cm
状態:   新刊
刊行年:  2019年
ISBN:   9780300233445

販売価格

4,000円(内税)

購入数



新入荷!