ハンナ・ヘッヒ【Works on Paper】

ハンナ・ヘッヒ(Hannah Hoch 1889 - 1978)ドイツ東部のゴータ出身、ドイツ・ベルリンでダダイストとして活動した芸術家。ベルリンの美術工芸学校で学ぶ。1915年にベルリン・ダダの中心的人物であったラウル・ハウスマンと出会い、コラージュを基にしたフォト・モンタージュ作品を制作。フォト・モンタージュは、その後の多くのアーティストに大きな影響を与えた。ヘッヒは生涯フォト・モンタージュ作品の制作を続けたほか、油絵、水彩作品なども数多く残している。

本書は、有名なダダの芸術家ハンナ・ヘッヒによる、風刺と詩的な美しさを兼ね備えたコラージュ作品をまとめた作品集。

ワイマール時代の彼女の作品で世界的に有名なヘッヒは、芸術および文化の両方の面で先駆者であり、音、言語、画像を解体して新しいオブジェクト、テキスト、意味を再構築する、荒々しい形式を特徴とするベルリン・ダダ運動で唯一の女性芸術家でした。彼女はコラージュの発展において極めて重要な役目を果たし、今日至る所で見られる画像編集技術への道を開きました。女性の権利を強く信じるヘッヒは、パートナーシップ、美、芸術の制作という従来の概念に疑問を投げかけ、作品では、特に母国ドイツの人種的および社会的ステレオタイプに対する鋭い批評を示しています。

この本では、ヘッヒのコラージュに焦点を当て、1920年代から1970年代までのアーティストのキャリアを検証し、ファッションやマスメディアに影響を受けた初期の作品から、その後の叙情的抽象化までの彼女の作品を調査します。重要な原文と参考資料をまとめ、初めて英語に翻訳されたオリジナル版が、この度ペーパーバック版として再刊されました。「新しい女性」の概念やドイツ植民地主義の遺産をテーマとするエッセイを収録と共に、ユーモラスでしばしば感動的であり、とてつもない変化の時代における社会についての批評を提供する、彼女の個人的なスタイルの急速な発展を明らかにする一冊となっています。

出版社:  Prestel
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 256ページ
サイズ:  26 x 21 cm
状態:   新刊
刊行年:  2022年
ISBN:   9783791388533

販売価格

4,800円(内税)

購入数



新入荷!