インゲ・モラス【An Illustrated Biography】

インゲ・モラス(Inge Morath 1923年 - 2002年)オーストリア・グラーツ出身の写真家。ウィーン、パリにて通訳やジャーナリストとして働き、後に写真集団『マグナム』に編集者として参加。ロンドンにて写真を学ぶ。アンリ・カルティエ=ブレッソンのアシスタントを務めた後、写真家として活動し、1953年より女性で初めてのマグナム会員となる。1950年代から世界各地を取材し15冊以上の写真集を制作、出版する。晩年、イランにて女性写真家として非常に困難な中、撮影を行うほか、マグナムでは2002年から30代以下の写真を目指す女性の為にインゲ・モラス賞を設立した。

故劇作家のアーサー・ミラーは、妻のモラスについて、「彼女は半世紀以上にわたって人々とその場所から詩を作った」と述べています。
本書は、20世紀の最も偉大な写真家の1人であるモラスの生涯と作品を、豊富な図版資料と共に考察する伝記。彼女のキャリアのあらゆる時期から魅力的なイメージを取り上げ、モラスの好奇心、思いやり、勇気についてが鮮やかに示されます。
本書で伝記作家のLinda Gordonは、しばしば女性一人で、当時の女性に相応しいものの為に静かに、しかし断固として立ち向かった彼女の世界中への旅を紹介します。彼女の写真はコスモポリタニズムを示し、それは文学への愛情、多数の言語の流暢さ、そして彼女が10代を過ごしたヒトラーのドイツに対する反感から生まれています。スペインからイラン、中国に至るまで、世界のすべての文化に対する敬意に根ざした彼女の活動は、一種の視覚民俗学といえます。
また、女性として初めて加わったマグナム・フォトでの活動、画家のソール・スタインバーグ、彫刻家のルイーズ・ブルジョワ、作家のボリス・パステルナークなど、芸術家の素晴らしいポートレートも収められています。
さまざまな主題を通して、世界の多くの文化との親密さと安らぎを伝えるモラスの作品の、普遍的な魅力をまとめた一冊となっています。


出版社:  Prestel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 192ページ
図版:   182点
サイズ:  27.5 x 23.5 cm
状態:   新刊
刊行年:  2018年
ISBN:   9783791382012

販売価格

5,800円(内税)

購入数



新入荷!