ピエト・モンドリアン【Mondrian Evolution】

ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian 1872年 - 1944年)オランダ・アメルスフォールト出身。20世紀を代表する画家。20世紀初頭に初めて抽象的な絵画を描いた画家の一人。オランダのデ・ステイル運動の共同設立者でもある。アムステルダムの美術アカデミーで学び、後にフランス・パリでキュビズムに感銘を受ける。その後さらに幾何学的な抽象表現を追求し、テオ・ヴァン・ドースブルグとともにデ・ステイルの活動を行う。1930年頃より、アプストラクシオン・クレアシオンにも参加し、さらに抽象表現を深めていく。モンドリアンの制作は美術だけでなく、建築や工業デザイン、ファッションなどへも影響を与えた。1942年に生涯初の個展を開催。

本書は、2022年6月5日から10月9日にスイス・バーゼルのFoundation Beyelerと2022年10月29日から2023年2月10日までドイツ・デュッセルドルフのKunstsammlungにて開催の展覧会を機に刊行されました。
ピエト・モンドリアンは、具象から抽象への絵画の発展に重要な影響を与えました。モンドリアンの生誕150周年を記念して、この書籍は、彼の多面的な作品と芸術の発展に捧げます。
19世紀後半のオランダの風景画の伝統的な手法に取り組んでいましたが、その後、象徴主義とキュビスムが彼にとって大きな意味を持つようになりました。完全に非具象的な絵の定義に焦点を当てたのは、1920年代の初頭になってからで、特に白と原色の青、赤、黄色の平面と黒い線の長方形の配置に集中していました。
この書籍の章の中には、風車、砂丘、海、水に映る農場、植物など様々な形が抽象された過去の道を辿っています。300ページの本書のデザインは、同じオランダ出身のイルマ・ブームが手掛けました。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 300ページ
サイズ:  26.5 x 21.5 cm
状態:   新品
その他:  図版180点、Design by Irma Boom
刊行年: 2022年
ISBN:   9783775752374

販売価格

8,900円(内税)

購入数



新入荷!