ピエト・モンドリアン【Piet Modrian A-Z】

ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian 1872年 - 1944年)オランダ・アメルスフォールト出身。20世紀を代表する画家。20世紀初頭に初めて抽象的な絵画を描いた画家の一人。オランダのデ・ステイル運動の共同設立者でもある。アムステルダムの美術アカデミーで学び、後にフランス・パリでキュビズムに感銘を受ける。その後さらに幾何学的な抽象表現を追求し、テオ・ヴァン・ドースブルグとともにデ・ステイルの活動を行う。1930年頃より、アプストラクシオン・クレアシオンにも参加し、さらに抽象表現を深めていく。モンドリアンの制作は美術だけでなく、建築や工業デザイン、ファッションなどへも影響を与えた。1942年に生涯初の個展を開催。

現代美術の抽象表現へ重要な影響を与えるピエト・モンドリアンの作品は、非常に多彩で複雑です。彼は絵を描いただけでなく、芸術と人生に関する彼自身の考えや理論についても幅広く書いています。
伝統的なオランダの風景画から自然主義的な表現ではなく、構成や構造に焦点を当てリズミカルな枠組みを探求したモンドリアンは、現代文化に深く感銘を受けました。オランダ運河のシステムのパターンだけでなく、ジャズやフォックストロットのリズムにも触発されています。イヴ・サンローランの有名な「モンドリアンドレス」は、彼の全作品の影響力を示し、彼がこの世を去った後にファッションアイコンにさえしたのです。
彼の生誕150周年を祝い記念してUlf Kunsterは、モンドリアンの人生と作品のよく知られた側面と知られていない側面の両方を、AからZで楽しく案内しています。この魅力的な芸術家とさらに関わることで、刺激的な衝動へと導く一冊。プレゼントにもおすすめです。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 120ページ
サイズ:  19.5 x 13 cm
状態:   新品
刊行年: 2022年
ISBN:   9783775752480

販売価格

3,000円(内税)

購入数



新入荷!