フィンセント・ファン・ゴッホ【Still Lifes】

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh, 1853 - 90)オランダ出身のポスト印象派を代表する画家。オランダ南部のズンデルトで牧師の家庭に生まれます。画商として働いたのち、各地で色々な職を経て聖職者を目指すようになります。しかし自身の熱意と聖職者の勉強との乖離を感じて挫折、1880年に画家を志し絵の勉強を始めた。パリに移り住んだ1885年ごろから、大胆な筆のタッチによる描写と表現主義的な色彩による作風を追求し、1888年からは、南仏のアルルに移りゴーギャンとの共同生活をする。この時期には、アルルの跳ね橋、ひまわり、種を蒔く人など代表作を製作しています。しかし、画家としての経済的な成功は得られず、ゴーギャンとの関係の悪化などから、次第に精神を病み、病院や診療所に入所し、狂気と戦いながらも独自の絵画作品を制作し続けた。ゴッホの死後、作品の評価が高まり、後のフォービスムやドイツ表現主義など20世紀の美術の大きな影響と残した。

ゴッホの静物画は、恍惚とした色彩と感情の活気で満ちています。そして、この複雑な芸術家の人生と作品を理解する鍵を握っています。
ゴッホは、初期作品から晩年の色鮮やかな花のイメージまで、静物画を繰り返し描いてきました。このジャンルは、光と影による空間の描写から色の実験まで、さまざまな絵画技法を試すことができました。彼の静物画の多くはジャンルへの伝統的なアプローチを採用していますが、最終的には間違いなくユニークな芸術的なスタイルを策定しました。本書では、ゴッホのキャリアの途上を再訪し、彼の静物画に焦点を当てています。現代美術の歴史の中でも、急進的な各支社の1人の芸術家の作業工程と創造的な進化の洞察をご覧いただけます。

出版社:  Prestel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  30.8 x 25.1 cm
状態:   新品
ページ数: 240ページ
その他:  図版200点
刊行年:  2020年
ISBN:   9783791358727

販売価格

5,820円(内税)

購入数



新入荷!