イワン・バーン【Moments in Architecture】

イワン・バーン(Iwan Baan 1975年 - )オランダ・アルクマール出身の写真家。世界的な建築写真家としても知られている。2010年には、20世紀で最も有名な建築写真家に因んで名付けられたJulius Shulman Photogpgayを最初に受賞。2012年にはヴェネチア建築ビエンナーレで、ベストインタレーションのGolden Lionを受賞。
従来の建築写真は、構造物のみを撮影するという手法が長年にわたり伝統となっていたが、イワンは、構造物に人を入れるなど、人々が空間をどのように使用するかや取り巻く環境や生活を伝える新しい手法に挑戦した。それは、プロジェクトのストーリーや感触をより多く生み出すと話している。レム・コールハースや伊東豊雄など、世界で最も著名な建築家による作品を撮影している。また、彼の作品の”多義的なショット”は、ダイアン・アーバスの作品とも比較された。

本書は、2023年10月21日から3月3日まで、Vitra Design Museumにて開催の展覧会を機に刊行されました。イワン・バーンの洞察力に富んだ写真は、ザハ・ハディッドやレム・コールハースなどの有名な作品から、中国やエチオピアなどの伝統的な建築まで、人間の建造物の広大な全景を映し出します。
バーンは、建築と都市デザインを撮影する代表的な建築写真家の一人です。彼の写真は、世界的な大都市の成長を記録し、著名な現代建築家による建物も撮影しています。
バーンの活気に満ちたリアリズムは、建築を抽象的な理想としてではなく、日常生活の設定、郊外のスプロール現象、アフリカやアジアの急成長する大都市など、都市構造の有機的な部分を捉えています。
この初の包括的な書籍では、雑誌や書籍でよく知られている象徴的な作品の数々と、中国南部の丸い土楼やエチオピアの岩窟教会など、世界中のその土地特有の非公式な建築の写真が掲載されています。
多くの図版と、写真に関する現在の言説や、その中でのバーンの作品の分類や文脈化などに関するテキストやエッセイも収録されています。

出版社:  Vitra Design Museum
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
サイズ:  23.7 x 17 cm
状態:   新品
ページ数: 608ページ
その他:  図版687点
刊行年:  2023年
ISBN:   9783945852583

販売価格

12,980円(内税)

購入数



新入荷!