ル・コルビジェ【Le Corbusier - Ronchamp: Photographs by Siegrun Appelt】

ル・コルビジェ(Le Corbusier 1887年 - 1965年)スイス/ラ・ショー・ド・フォン出身の建築家。モダニズム建築の巨匠。フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエらと共に「近代建築の三代巨匠」でもある。時計職人とピアノ教師の両親に生まれ、家業を継ぐため彫刻と彫金を学ぶ。しかし視力が弱く、建築家を志す、19歳で「ファレ邸」の設計に携わり建築家としてデビュー。オーギュスト・ペレに師事した後、25歳ごろに独立。1914年に鉄筋コンクリートによる住宅設計方法「ドミノシステム」を発表、「近代建築の五原則」へ続く。多くの作品が世界遺産にも登録されている。本名は、シャルル=エドゥアール・ジャヌレ=グリ。

本書は、スイスの出版社Scheidegger&Spiessより刊行されました。
フランス・ロンシャンにあるコルビジェが設計した礼拝堂ノートルダム・デュ・オーは、間違いなく最も有名な建築であり、世界遺産にも登録されています。
現在まで、著名な建築写真家を含む何百人もの人々に撮影されています。オーストリアのアーティストSiegrun Appeltは、今までの写真家とは異なる、象徴的な構造を見る為の全く新しいアプローチで撮影しました。細部に集中し、最高の感度と精度の構成、彼女の写真は、その場の空間構造と線、コルビジェの独創的な光の方向、そして表面や通路を強調しています。細部から全体へ導くような新しい写真です。
書籍には、Claudia KromreiとOtto Kapfingerによる対談も収録され、コルビジェの表現手段を示す写真の可能性と20世紀の建築のアイコンでもあるこの建造物の物質的要素と非物質的要素の視覚化と認識について議論しています。

出版社:  Scheidegger&Spiess
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  25 x 19.5 cm
状態:   新品
ページ数: 120ページ
その他:  図版90点
刊行年:  2023年
ISBN:   9783858816955

販売価格

6,864円(内税)

購入数



新入荷!