アントニ・タピエス【Antoni Tapies】

アントニ・タピエス(Antoni Tapies, 1923 - 2012年)スペインを代表するアーティストです。
バルセロナで生まれ、10代の頃よりアートに興味を持っていました。第二次世界大戦の時代にはすでにカタルーニャ州では知られたアーティストでした。その後、1950年代にパリに活動の場を移しシュルレアリズムの画家としてスタートしました。
初期の作品は、パウル・クレーやジョアン・ミロに影響を受けますが、すぐにタシスムへとその興味は移行しています。1953年には、ミクストメディアにて制作を始めています。1950年後半には、国際的な評価も高まっていました。1950年の終わりから1960年代にかけては、スペインのアンフォルメルのアーティストたちと製作をしています。1970年には、ポップ・アートからの影響を受け絵画の中に実質的なオブジェクトを取り入れ始めます。後に彼の作品は、抽象表現主義とタシスムの両方に位置づけられます。

本書は、1988年にスイス・バーゼルにあるギャラリー・バイエラーにて行われた展覧会カタログになります。まだ20代であった1947年制作の絵画から1987年までの40年間の、選りすぐられたタピエスの美しい作品65点が収められています。インタビュー集などタピエスに関する著述を数多く手がける美術史家Barbara Catoirによるエッセイと、作品リスト、作家の略歴を収録。

※古い書籍となりますので、多少のシミ・変色等はご容赦下さいませ。

出版社:  Galerie Beyeler
タイプ:  ペーパーバック
言語:   ドイツ語
サイズ:  30.5 x 25 cm
状態:   中古品 並品

販売価格

5,600円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍