ヨーゼフ・ボイス【The Image of Humanity】

ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys 1921年 - 1986年)旧西ドイツ出身の現代アーティスト。独自の理論に基づく彫刻、インスタレーション、ドローイングなどの作品を制作、1960年代に現代アート・グループである『フルクサス』と接触してからは、アクションと呼ばれるパフォーマンス作品を数多く発表した。70年代以降は、アンディ・ウォーホルと並ぶ現代アート界のスーパースターとして注目されただけでなく、「社会彫刻」という概念のもと、「国際自由大学」の設立、「緑の党」への関与などアートの領域を社会活動にまで広げ、その活動は常に賛否両論を巻き起こした。また、デュッセルドルフ芸術アカデミーのボイスの教室からは、ゲルハルト・リヒター、ジグマー・ポルケ、アンゼルム・キーファーなど、後のドイツ美術を代表するアーティストが生まれた他、現在のアーティストにも多大な影響を与えている。

弊店の【Specials:Joseph Beuys/ヨーゼフ・ボイス】でもご紹介しています。

本書は、ボイス生誕80周年にイタリアのトレント(2001年)で行われた展覧会「The Image of Humanity」と同名がつけられ出版された書籍です。ボイスが亡くなる15年前にイタリアでの自然保護活動をサイン入りの100枚の写真付きで紹介。写真とともにテキストも添えられており、晩年のボイスの活動を知るにはかかせない一冊です。

出版社:  Silvana Editoriale
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 256ページ
サイズ:  30 x 24.3 cm
状態:   中古 良品

販売価格

12,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!