ソール・ライター【Early Color】

ソール・ライター(Saul Leiter, 1923年 - 2013年)アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の写真家。 父はよく知られたユダヤ教の牧師で、彼自身もまたラビ(ユダヤ教の指導者)になるため学ぶ。ですが、23歳の頃、画家を目指しニューヨークに移住。抽象画家リチャード・パウセット=ダートやユージン・スミスに出会い、写真を勧められ、35mmの白黒写真を撮り始める。1948年にはカラー写真も手掛け、ファッションフォトグラファーとして生計を立て活動を行う。この頃には、ロバート・フランクやダイアン・アーバスらとも交流。晩年、写真が認められ急速に世界に知られる写真家の一人となった。2013年には、ドキュメンタリー映画「In No Great Hurry: 13 Lessons in Life with Saul Leiter」(邦題:写真家ソール・ライター 急がないで人生で見つけた13のこと)が公開。ここ日本でも、渋谷Bunkamura Museumにて個展を開催。

こちらの書籍は、1953年のMoMAでの展示以来、ほとんど知られていなかったカラー作品をはじめて本格的に紹介する写真集です。1948から1960年にかけて撮影されたもので、 2006年ニューヨークのハワード・グリーンバーグ・ギャラリーで開催された写真展を期に刊行されたものです。

※2019年10月より、再入荷のお知らせをしておりましたこちらの書籍は、2020年1月で完売いたしました。現在、版元も在庫がございません。次回の入荷は未定でございます

出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 176ページ
サイズ:  21 x 20.5 cm
状態:   新刊

販売価格

5,600円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍