マーク・マンダース【Room with Broken Sentence】

マーク・マンダース(Mark Manders 1968年 - )オランダ・ウーデン出身の芸術家。インスタレーション、彫刻、ドローイング、短編ビデオの作品を製作。代表作は、荒削りの粘土彫刻(人体)を使用した、人体の一部の彫刻と他素材の組み合わせにより形成される彫刻やインスタレーション作品。1988年から1992年までアーネムのThe Hogeschool voor de Kunsten(現:ArtEZ Academy of art & Design)にて学ぶ。(グラフィックデザインも学んでいる)。1988年に同都市に自身のスタジオを立ち上げる。1993年に開催されたPark Sonsbeekでの展覧会では、多くの来場者を集め注目を浴びる。2002年ドクメンタ11(カッセル)に参加。2007年から2013年まで、ベルギーのロンセに移住。2013年には”Fox/Mouse/Belt”を製作。第55回ベネチア・ビエンナーレのオランダ館代表を務めた。

本書は、55回ベネチア・ビエンナーレ(2013年)のオランダ館代表を務めた際のカタログ本となっています。1986年制作の初期作品から今回の展示風景、専門家によるエッセイ、作品への解説、作家の略歴などが掲載されています。今回の展示のみならず全体的に図版(カラー・モノクロ)サイズが大きく大変見やすくなっています。

出版社:  ROMA
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 176ページ
サイズ:  27 x 21.2 cm
状態:   新刊

販売価格

5,900円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!