マーク・マンダース【Reference Book】

マーク・マンダース(Mark Manders 1968年 - )オランダ・ウーデン出身の芸術家。インスタレーション、彫刻、ドローイング、短編ビデオの作品を製作。代表作は、荒削りの粘土彫刻(人体)を使用した、人体の一部の彫刻と他素材の組み合わせにより形成される彫刻やインスタレーション作品。1988年から1992年までアーネムのThe Hogeschool voor de Kunsten(現:ArtEZ Academy of art & Design)にて学ぶ。(グラフィックデザインも学んでいる)。1988年に同都市に自身のスタジオを立ち上げる。1993年に開催されたPark Sonsbeekでの展覧会では、多くの来場者を集め注目を浴びる。2002年ドクメンタ11(カッセル)に参加。2007年から2013年まで、ベルギーのロンセに移住。2013年には”Fox/Mouse/Belt”を製作。第55回ベネチア・ビエンナーレのオランダ館代表を務めた。

本書は、2010年マンダースのアート・ハイネケン賞受賞を機にまとめられた、マンダースの1980年代後半から現在に至る全作品を掲載した一冊となります。2013年のベネチア・ビエンナーレに合わせて刊行されました。
アーティストの過去の出版物の複製や、今回書籍初掲載となる貴重な資料を含むほか、マンダースによるテキストなど、500ページ以上のボリュームでマンダースの独自の世界観を紹介する大変見応えのある一冊となっています。


出版社:  Roma Publications
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 536ページ
サイズ:  24.2 × 18.2 cm
状態:   新刊

販売価格

7,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!