デニス・ホッパー【A System of Moments】

デニス・ホッパー(Dennis Hopper, 1936 - 2010)はアメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、アーティスト
1950年代より俳優としての活動を開始し、1969年に監督・脚本・主演した映画「イージー・ライダー」によりアメリカン・ニューシネマの代表作として広く知られるようになります。
映画の仕事の他、現代アートに造詣が深く、アート・コレクターとしてや、自ら写真や絵画作品を制作するアーティストとしても知られており、1961年以来、ペンシルバニア州ピッツバーグのアンディ・ウォーホル美術館での大きな回顧展を含む数多くの展覧会を行っています。日本でも過去に写真展が開催されました。

本書は、ほぼ50年に渡るホッパーのアーティストとしての多様な活動を取りあげた初の作品集となります。
ウォーホル、リキテンシュタイン、ラウシェンバーグを始めとするアーティストを身近に撮影したモノクロ写真の他、絵画、グラフィティなど様々な表現メディアによる作品が掲載されています。
また、巻末には1954年からの映画出演の情報を含むバイオグラフィーが添えられています。


出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ペーパーバック
言語:   ドイツ語
ページ数: 320ページ
サイズ:  29.8 × 22.5 cm
状態:   新刊
その他:  図版455点(カラー図版107点)

販売価格

7,800円(内税)

SOLD OUT