ナイジェル・ピーク【When the landscape became the shape of a room】

ナイジェル・ピーク(Nigel Peake 1981年 - )北アイルランド出身の建築家/芸術家。現在は、イギリスを拠点に活動。エディンバラ大学にて建築を学び、論文では英国王立建築家協会(RIBA)から銀メダルを授与された。世界各国でレクチャーやワークショップを行い、またドローイングやリトグラフなどの作品もまた世界中で展示。2011年には、Prenceton Architectural Pressよりドローイング集も刊行され、過去10年間で40冊もの書籍を手がける。2017年には東京のIDEEにて、2018年には、フランス・パリのYvon Lambertにて展覧会を開催しています。同年、エルメスの新作テーブルウエアコレクション「ウォーク イン ザ ガーデン(A WALK IN THR GARDEN)」などコラボレーションも行う。

「When the landscape became the shape of a room」は、日々についての本です。2019年から2022年の間に制作されたドローイングと書き綴られたテキストを合わせた作品です。これまでの書籍とは、少し違う厚みのある紙に詩のようなテキストが添えられた美しい一冊。
フランス・パリのYvon Lambertにて開催の展覧会を機に刊行されました。

出版社:  Nigel Peake/Yvon Lambert
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
サイズ:  18 x 11 cm
ページ数: 104ページ
状態:   新品
刊行年:  2022年
ISBN:   9781838414368

販売価格

4,510円(内税)

SOLD OUT



新入荷!