ブライス・マーデン【Ru Ware, Marbles, Polke】

ブライス・マーデン (Brice Marden, 1938年 - ) アメリカ・ニューヨーク出身。
同国を代表する画家です。
マーデンのキャリアは大きく2つの時期に分けられます。1960年代半ば〜80年代のミニマリズムの影響を受けた作品、1980年代半ば〜のカリグラフィー的作品です。1950/60年代のアメリカ抽象表現主義の流れからの新しい表現の模索を続け、ジャクソン・ポロックのドリップ絵画や、中国の書のもつ筆順や右上から左下に進行するなどの規則を取り入れた独自の絵画へと発展させていきます。

本書は、2012年4月から6月にNYのMatthew Marks Galleryでの展覧会時に刊行された書籍になります。この展覧会では、マーデンの2012年の新作の3つのシリーズが展示されました。「Ru Ware」「Marbles」「Polke Letter」です。
「Ru Ware」は、2007年から2012年にかけて行われたプロジェクトの一つで淡い青や緑の9つの小さなパネルで構成された作品です。「Marbles」は、エーゲ海に位置するギリシャ領のイドラ島にて完成させた大理石に描くシリーズ15点。そして、ドイツのアーティスト:シグマ−・ポルケへのオマージュ作品「Polke Letter」です。これらのシリーズの掲載に加え”Slow Time”と題されたDavid Anfamによるエッセイも含まれています。

出版社:  Matthew Marks Gallery

タイプ:  ハードカバー

言語:   英語

ページ数: 88ページ

サイズ:  30.5 x 26 cm

状態:   新刊
その他:  カラー図版36点、白黒図版2点

販売価格

4,300円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!