マンマ・アンダーソン 【The Lost Paradise】

マンマ・アンダーソン (Mamma Andersson 1962年 - ) スウェーデン・ルレオ出身。スウェーデンの現代アーティストの中で、重要な人物の一人。現在は、同国・ストックホルムを拠点に活動している。1986年から1993年、Royal University College of Fine Arts in Stockholmにて学ぶ。映画のイメージや劇場のセット、その時代特有のインテリアなどに触発されながら、朧気で意味深長な構図を用いる。全体的な構成は、世紀末前後の北欧の伝統的な具象絵画を思わせますが、平坦な構成や絵の具の厚塗り、筆跡のテクスチャーは独特の世界を作り出している。2003年には、ヴェネチア・ビエンナーレに参加。2010年には、アメリカ・コロラドのThe Aspen Art Museumにて初個展を開催。Karin Mamma Andersson とも表記される。

本書は、2020年3月4日から6月31日にアメリカ・ニューヨークのDavid Zwirnerにて開催された展覧会を機に刊行されました。アンダーソンは、現代的な断層的な関心や心理を取り入れながら、19世紀後半のロマン主義を想起させる新たな風景画を制作します。彼女の概観的なシーンは様々な写真、映画、劇場、インテリアなどのアーカイブを使用し、彼女の育ったスウェーデン北部の地形からもインスピレーションを得ています。キャリア全体を通して、不毛の枝、分厚い樹皮の松の木、国産のインテリア、馬、そして若い女性などモチーフの選択は、厳密に行われています。
静物画にも近いそれらの作品は、ヴィルヘルム・ハンマースホイやムンクなどスカンジナビア芸術の静かで夢のようなシーンの伝統をさらに更新しています。特定の出来事ではなく、体験を捉える為に、自己意識的なアプローチの一環し、構成はより自由にそして抽象的なものになっています。美しい色彩と、テクスチャのある筆跡、ゆるいウォッシュ、はっきりとしたグラフィックラインは、作品を生き生きとさせます。本書には、作家Karl Ove Knausgaardによるエッセイも収録されています。


出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 64ページ
サイズ:  30 x 23.5 cm
状態:   新刊
その他:  図版28点

販売価格

5,200円(内税)

購入数



新入荷!