アントニー・ゴームリー【Shaping The World】

アントニー・ゴームリー(Antony Gormley, 1950年 - )イングランド・ヨークシャー出身の彫刻家。人体と空間の関係性をテーマとした、彫刻、インスタレーション、パプリック・アートにて高い評価を受けているイギリスを代表する芸術家の一人でもある。自分と他人の身体との関わりについてや、人間は自然と宇宙のどこに位置しているかという根本的な問いかけをテーマに彫刻の制作を始めた。1980年代には金属で造形された人体の彫刻作品で、アニッシュ・カプーアやトニー・クラッグらと共に「ニュー・ブリティッシュ・スカルプチャー」の作家の一人として注目される。1994年のターナー賞など数多くの章を受賞している他、1982/89年のヴェネツィア・ビエンナーレ、1987年ドクメンタ8、2007年のロンドン・ヘイワード・ギャラリー、2010年のスイス・クンストハウス・ブレゲンツなど各地で多くの展覧会を開催。近年は、人体を幾何学的な形やフレームによって様々に分解・構成した作品や大規模なインスタレーションを制作。

本書は、2020年秋に刊行された彫刻家アントニー・ゴームリーと美術評論家・歴史家マーティン・ゲイフォールドによる幅広く示唆に富む、そして挑発的な一冊です。ここでは、国境を超えた一つの芸術体系として、そして独自の説得力のある歴史をもつ「彫刻」を探求しています。活発な対談は、時間とメディアを超えて予想外の繋がりをもたらします。
彫刻は、世界中のあらゆる文化の中で実践され、それは私たちの遠い過去までもさかのぼります。最初に生き残った形作られた石は、言語の出現よりも前のものである可能性があります。そして、明らかに、彫る、型を作る、曲げる、削る、溶接する、吊るす、バランスをとる、膨大な種類の材料や光を新しい形や型に変えるという欲求は、私たちの精神の奥深くにあり、人間の一生という旅の基本的な部分であり、表現の必要性を示唆しています。
書籍内には、300点を超える壮大な図版が掲載され、ライオンマンや紀元前35,000年のミケランジェロのピエタ、中国のテラコッタウォリアーズからロダンのキス、マルセルデュシャンのレディメイド、エリアソンのウェザープロジェクト、カラ・ウォーカーのFons Americanus、トマス・サラセーノの進行中のAerocene Project、そしてゴームリー自身の作品を収録。二人は、素材と技術についても考慮し、光、死亡率、変化する世界など包括的なテーマを検討します。特に、彼らは彫刻を人々の感じ方を変えることができる物理的思考の形として見ていることについて討論しています。そして、私たちが、まるで遭遇するように彫刻を見ることや全く異なった方法で周りの世界を見ることへ招待してくれます。

出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 392ページ
サイズ:  27.9 x 21.6 cm
状態:   新刊
その他:  図版304点

販売価格

6,500円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン