ヤニス・クネリス【Jannis Kounellis】

ヤニス・クネリス(Jannis Kounellis 1936年 - 2017年)ギリシャ出身の芸術家。アルテ・ポーヴェラを代表する作家の一人でもある。1956年以降、ローマに移り同都市を中心に活動した。ローマ美術アカデミーにて絵画を学び、1960年にローマで初個展を開催。。初期の作品は、絵画・版画作品で数字、手紙、言語、標識などを用いた。同年中、そこに彫刻的な要素を取り入れた作品を展開し始めます。1967年、キュレータージェルマーノ・チェラントによって提唱されたアルテ・ポーヴェラに参加。生き物を使用した作品を早期に展開し代表作となった(ローマ「無題」(1969))。また、アルテ・ポーヴェラの特徴的素材である新聞、石、木材、ロープなども使用している。抽象性を用いて素材の物理的実存性や空間・環境的な作用をより奇抜な方法をもちいて可視化させた。旅好きなクネリスは、作品のアイデアは、旅で得た経験からのものだといった。

本書は、イギリスのPhaidon社が刊行するPhaidon Arist Seriesです。ギリシャ生まれのヤニス・クネリス(アルテ・ポーヴェラの重要な人物の一人である)の制作を包括的に紹介した書籍。多くの図版では、1960年後半から2016年までの作品を掲載、 Pierre Audi、David Hammons、Gloria Moure、 Giulio Paolini、 Vassili Vassilikosなど、長年に渡り知り合い仕事を共にした人々からの執筆と賛辞も収録。ヤニス・クネリスの基本書としてもオススメの一冊です。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 240ページ
サイズ:  29 x 25 cm
状態:   新刊
その他:  図版160点、Phaidon Arist Series

販売価格

5,700円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!