ヴィヤ・セルミンス【Television and Disaster 1964 - 1966】

ヴィヤ・セルミンス(Vija Celmins 1937年 - )ラトビア出身。ラトビア系アメリカ人の画家です。(幼少期は、ソビエト占領下の母国ラトビアからナチスの占領下ドイツへと逃げ難民キャンプで過ごし、1948年の第二次世界大戦後アメリカへと家族と共に移っています)1955年、美術学校へと入学。後にイェール大学のフェローシップを獲得し、制作を続けます(そこでチャック・クロースやブライス・マーデンなどとも知り合っています)。1960年代は、具象的な絵画を制作。それらの共通のテーマは、暴力や戦争でした。1960年後半から1970年代にかけてはそれまでの制作を一度放棄し、写真を見ながら月面や海、貝殻などを鉛筆で緻密でリアルな作品を制作。フォトリアリズムな絵画に取り組みながら、同時に彫刻作品も制作。1965年から1980年まではイタリアに住み、ジョルジュ・モランディのモノクロの絵画や抽象絵画に触発されています。1981年には、ニューヨークへ戻り木炭や消しゴム、版画などを使用した作品を制作。また、イエール大学でも教鞭を執っていました。

本書は、2010年11月19日から2011年2月20日までにアメリカ・ヒューストンのThe Menil Collectionにて開催された展覧会の際に同時刊行された書籍になります。「Television and Disaster 1964 - 1966」は、セルミンスの制作の中でも、初期作品です。1970年代に制作をされた月面や星空、海などの風景よりも少し前に描かれ、その題材は、壊れた戦闘機や煙をはくピストル、燃え盛る家などでした。本書には、36点の図版とMichelle Whiteによる”Vija Celmins in the 1960's”、Franklin Sirmansによる"Vija Celmins in the Los Angeles"が収録されています。

出版社:  The Menil Collection/Yale University Press
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 64ページ
サイズ:  23 x 15cm
状態:   新刊
その他:  図版36点

販売価格

2,000円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!