リチャード・セラ【Exchange】

リチャード・セラ (Richard Sera 1938年 - )アメリカ・カリフォルニア州出身。アメリカを代表する彫刻家の一人です。公共の場に突如現れる荒々しい表面を残した鉄の塊など建築的なスケールで公共彫刻作品を展開しています。
1961年〜64年にイェール大学にて絵画を専攻しヨゼフ・アルバースに学びます。この頃、ロバート・ラウシェンバーグ、アド・ラインハルト、フランク・ステラにも出会っています。その後、1年間パリに留学し、1966年にイタリア・ローマにて初個展を開催。最も知られた作品は、1981年にニューヨーク・マンハッタンにて展示された巨大な鉄板を曲げた「傾いた孤」。ここ日本では、1970年に東京ビエンナーレに参加、上野公園に大きな杉の木を植えそこに鉄の輪をはめ込んだ「場の彫刻」が展示されました。

本書は、1996年から97年にかけて、ルクセンブルクの国立歴史美術博物館でのセラの展覧会に合わせて刊行された書籍になります。
ルクセンブルク・キルシュベルク地区の国道ロータリーの中心に設置された、高さ約20m・重さ33トンの巨大鉄鋼彫刻『Exchange』が、設置風景、作品の全景、内部など様々な視点から紹介されています。
当時、Casino LuxembourgのディレクターであったEnrico Lunghiによるインタビューを収録。


出版社:  Richter Verlag
タイプ:  ペーパーバック
言語:   ドイツ語、英語、フランス語
ページ数: 48ページ
サイズ:  32 x 24 cm
状態:   新古品(デッドストック)

販売価格

3,600円(内税)

購入数