ミケル・バルセロ【Terra Ignis】

ミケル・バルセロ(Miquel Barceló Artigues, 1957 - )様々な素材を使用した物質性と、生命の根源的な記憶を感じさせる作品で知られ、現代のピカソとも称されるスペインの画家・彫刻家です。
マヨルカ島のファラニチュ生まれ。パルマの装飾芸術学校で学んだ後、1970年代に中頃にバルセロナに移り、素材を重ねたレイヤーによる独自の絵画スタイルに着手しています。
1980年代から、長期間西アフリカを旅し強い影響を受けています。1982年ドイツ・カッセルのドクメンタ7に参加し、国際的に知られるようになります。また、先史時代の洞窟壁画に強い関心を寄せ、2000年以降は、パルマのサンティシモ礼拝堂の壁面を覆うテラコッタ作品、ジュネーブの国連施設の天井画など大規模なプロジェクトを手がけています。

本書は、マヨルカ島の昔ながらの瓦やレンガの工場で制作された、テラコッタ彫刻の作品集になります。故意につけられたダメージ、独自の造形のプロセスによる、バルセロの独自の感性を鮮やかに伝える一冊となっています。


出版社:  Actes Sud
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 160ページ
図版:   80点
サイズ:  30 x 24.3 cm
状態:   新刊

販売価格

4,200円(内税)

SOLD OUT



新入荷!






人気書籍