• banner
  • ベルント&ヒラ・ベッヒャー【Stonework and Lime Klins】

    ベルント・ベッヒャー(Bernd Becher 1931年 - 2007年)ドイツ・ジーゲン出身の芸術家。1953年から1956年まで、The Staatliche Akademie der Bildenden Kunst Stuttgartにて絵画を、1959年から1961年までは、デュッセルドルフ美術アカデミーのカール・ロッシングの元で、タイポグラフィを学ぶ。
    ヒラ・ベッヒャー(Hills Becker 1934年 - 2015年 )ドイツ・ポツダム出身の芸術家。1958年から1961年まで、デュッセルドルフ美術アカデミーにて写真を学ぶ。(学校で学ぶ以前、故郷ポツダムにて写真家の見習いをしていた)

    彼らは、デュッセルドルフのTroost Advertising Agencyのフリーの写真家として活動しながら、作品を制作していた。1959年には、ドイツの近代産業の戦前の建物撮影に着手する。そして、それらを無名の彫刻と名付け、タイポロジー(類似学)の写真作品として発表した。彼らの試みは、現代写真の新たな潮流を開き、1920年より続く絵画的写真の延長線上にある新たな写真の自由化を見出した。ミニマリズム的な部分への評価も重なり、1980年代以降、現代アートとしても世界的にしられる。
    また、彼らは母校デュッセルドルフ美術アカデミーにて教鞭を執り、その写真クラスで学んだ生徒は、総称して「ベッヒャー派」と呼ばれ、今日世界的な活躍を見せている。

    本書は、2013年にApertureより刊行された書籍になります。ベルントとヒラは、約50年に渡って貯水塔や製鉄所、ガスタンクや穀物貯蔵サイロまで、欧州と米国のほぼ全ての対応の産業建築を記録しました。19世紀と20世紀を形取る産業革命の証拠を、シングルショットや代名詞タイポロジーを用いて写真作品として制作してきました。同じ頃、彼らははるかに古い伝統的な生産物、採石や加工も撮影しています。この書籍では、ベッヒャーの一連の作品に不可欠な1980年代から90年代に撮影されたドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、イギリスで撮影された岩石加工工場と石炭窯の写真をまとめました。それぞれの構造は独特であり、地域や建設日付などの詳細も記述されています。この産業建物の写真らは、古い建物ですが今日でも重要な産業の機能を保っています。以前には、これらの写真は少し他本に掲載がありましたが、まとまったコレクションとして刊行されたのは本書が初めてとなります。

    出版社:  Aperture
    タイプ:  ハードカバー
    言語:   英語
    ページ数: 256ページ
    サイズ:  29 x 27 cm
    状態:   新品

    販売価格

    7,500円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン