[ご予約注文]ヒルマ・アフ・クリント【The Compleate Catalogue Raisone: Vol.I - 察

ヒルマ・アフ・クリント(Hilma af Klint 1862年 - 1944年)スウェーデン・ソルナ出身。最初期の抽象絵画の一つを描いたとされる女性画家。「de Fem(5人)」のグループで活動し、オートマティスムによる実験的な描画を1800年代後半より行う。神秘主義にも魅了され、女性のみのグループにて精神世界との交流を行なった。ダイアグラムのような絵画は、複雑な精神的な考えを視覚的に表現したものである。芸術と精神に同時に魅了され、現代美術史上最も驚くべき作品を生み出した芸術家でもある。ストックホルムのTekniska SkolanとThe Royal Academy of Fine Artsで学び、1882年から1887年には、特にドローイング、肖像画、風景画を専攻。1908年にルドルフ・シュタイナーに出会い、芸術に関するシュタイナーの理論に傾倒する。カンディンスキーより以前に抽象絵画を制作した芸術家である。

本書は、抽象絵画の先駆者であるヒルマ・アフ・クリントの全作品1600点を掲載し、全7巻で刊行されたカタログレゾネです。

近年、世界中で注目されているこの偉大な芸術家は、抽象芸術に新たな歴史をもたらしました。
本書のKurt Almqvistの共同編集者として参加したStockholm Moderne MuseetのディレクターDaniel Birnbaumは、"A catalogue raisonné is necessary in order to see the different cycles, motifs and symbols that recur in such an exciting way. If someone really wants to understand how Hilma af Klint's works function, they need these books," と言います。

最初の3つの巻「Spiritualistic Drawings 1895-1910」、「The Paintings for the Temple 1906-1915」「The Blue Books」は、2020年に出版されました。
第1巻では、アフ・クリントを含むThe Fiveとして知られるアーティストグループによって制作された15冊のスケッチブックを紹介します。この時期は、彼女の抽象画の重要な出発点であり、その後の最も重要なシリーズ「The Paintings for the Temple」につながるものです。
第2巻は、これらの絵画で構成され、象徴的な「The Ten Largest」を含む193作品が紹介されます。
第3巻は、アフ・クリントが旅行中でも、寺院の絵画を見せるために用意したコピーをまとめた10冊の青い本を紹介しています。彼女自身のメモによると、これらの本は彼女の死後20年までは、研究されることを意図していませんでした。
第4巻「Parsifal and the Atom 1916-1917」では、Parsifalとthe Atom の2つのシリーズを紹介しています。Parsifalのシリーズは、アーサー王の伝説に触発され、インナー・レルムの研究と解釈されてきました。一方、The Atomのシリーズは、明らかに宇宙の精神構造の探究です。
1910年代の終わりには、定規とコンパスを使用して抽象的なイメージを探求する一連の小作を数多く制作しています。これらは、「Geometric Series and Other Works 1917-1920」の巻に掲載されています。
1922年、60歳になった彼女は、人智学に触発された水彩画の幾何学的なアプローチを放棄し、最晩年の作品となる水彩画を制作しています。これらは、第6巻に掲載されています。

※こちらの書籍は、ご予約注文となります。発送は、2023年2月2日を予定しておりますが、運送状況により遅延が発送する場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

出版社:  Bokforlaget Stolpe
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  31.7 x 24.7 cm
状態:   新品
ページ数: 1569ページ
その他:  カタログレゾネセット
刊行年:  2023年
ISBN:   9789198523669

販売価格

45,650円(内税)

購入数



新入荷!