ジョージア・オキーフ【Modern Nature - Georgia O'Keeffe and Lake George】

ジョージア・オキーフ(Georgia Totto O'Keeffe, 1887 - 1986)は、拡大した花、ニューヨークの摩天楼、ニューメキシコ州の風景を描いた絵画で特に知られ、アメリカモダニズムの母と評されるアメリカの女性画家。夫は画商・写真家のアルフレッド・スティーグリッツ。
シカゴとニューヨークにて絵画を学び、イラストレーターとして働いた後、本格的に絵画を制作するようになります。1917年にスティーグリッツの助けにより展覧会を開催、1918年にはニューヨークに移り、アーティストとして本格的に活動を始めます。1929年以降、牛などの動物の骨、植物などニューメキシコ州の風景に魅了され、一年の一部をそこで過ごすようになります。スティーグリッツの死後は、ニューメキシコのサンタフェに永住し、彼女の死後、同地にジョージア・オキーフ美術館が設立されました。

オキーフはニューヨーク移住後、1910年代後半から1920年代に渡って、夏をニューヨーク州北部のアディロンダック山地のジョージ湖にある、スティーグリッツの家族の所有地で過ごしています。この期間にオキーフの芸術は大きく変化し、発展しました。
本書は、彼女のジョージ湖への滞在に焦点を当て、この時期の作品と詳細な調査資料をまとめた書籍となります。拡大された花や果物などの植物、木々の風景や古びた建物、抽象表現など60点の絵画作品を、当時スティーグリッツにって撮影された写真とともに掲載。また、オキーフの初期におけるジョージ湖の影響、木と地元の景色の重要性などについての3つのエッセイを収録し、これまでのよく知られたオキーフ像とは異なる、新たな一面を明らかにする一冊です。


出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 200ページ
サイズ:  31 x 23 cm
状態:   新刊
図版:   カラー84点、白黒40点

販売価格

5,300円(内税)

SOLD OUT



新入荷!